TOP
決して停止せず、革新することを続ける
  • 50 %
    研究社員数の割合
  • 20 %
    研究開発費の割合
  • 41
    申請特許を申請する
  • 菲鵬生物は国家ハイテク技術企業として、研究開発を重視し、高投入の戦略方針原則を執る。長年にわたって、市場動向の発展を緊密についていく。
    文章を推薦する / Recommend Article
    • 真核タンパク組換えの発見プラットフォーム
    • 真核タンパク組換えの発見プラットフォーム
    菲鵬はずっと丹念に作業を展開し、精魂を込めてしており、ハイブリドーマの発酵技術によって業界のリーダーの地位に確保していた。ハイブリドーマの発酵は無血清培養技術を利用し、異なる細胞株の培養条件を実験計画(DOE)で最適化するのができることに通じて、プロセスの安定性が高い、生産した抗体の純度が高く、差別が低く、安定性が高くて、動物の倫理に違反しないことに実現した。菲鵬生物は哺乳動物細胞での発見システムに基づき、標準化CHO細胞に発見用プラスミドを導入、更に安定で高生産量の細胞系を選び出す。この技術は遺伝子の最適化する改造が出来て、より発見量は多く、ロット差が小さく、純度が高い抗体が生産され;新生産技術法と従来方法と比べて、活性特異性と安定性が優れている。この方法は過去の生産技術の利点を利用する同時に、欠点を避けられている。このように、モノクローナル抗体の操作の自動化、分離の純化・高速化、低コスト化に向けて発展できる。このように、モノクローナル抗体の操作の自動化、分離の純化・高速化、低コスト化に向けて発展できる,それは未来モノクローナル抗体の開発方向である。
    特許
    • 专利1
    • 2
    • 3
    • 5
    • 4
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 16
    • 18
    • 19