TOP
菲鵬生物は業界で最も全面的な研究開発及び応用プラットフォームを有し、体外診断試薬剤領域の原材料商品を提供します
特殊な方法で、免疫工程・DNA工程などの技術を柔軟に運用し、お客様の需要に精確に対応し、違う検測プラットフォームに適応する抗原、抗体、診断酵素など原料商品を開発します。
酵素免疫
酵素免疫
一般酵素免疫、プレート化学発光、磁性粒子チューブ発光の三大測定プラットフォームをたてられる。伝染病、肝炎、出生前及ぶ出生後のケア、腫瘤、心筋梗塞、炎症、ホルモン検査に関する原料が上記のプラットフォームに適用している。
迅速診断
迅速診断
蛍光クロマトグラフ(マイクロスフェア、蛍光色素標記法)、コロイド金の二大測定プラットフォームをたてられ、伝染病、感染症、出生前及ぶ出生後のケア、消化管、心筋マーカー、食品安全など原材料がそれぞれの測定プラットフォームに適用している。
分子診断
分子診断
蛍光定量PCR、次世代シーケンジングなどプラットフォームに適用な酵素と基質が違う場面での分子生物学研発、生産などの需要にかなう。
生化免疫
生化免疫
免疫比濁法測定、ラテックス増強比濁法などの測定プラットフォームを応用し、開発された原材料産品が特異性、安定性などに表現が優。