TOP

CACLP展示会、IVD企業が青島に集まり、菲鵬生物は大活躍する

期日: 2017-03-13
ブラウズ回数: 102

  3月12日、第十四回中国(国際)検査薬学と輸血装置試薬展示会が青島国際コンベンション・センターに開幕した、菲鵬生物を3号館T3-87ブースに展示されている。展示会が大変混雑しており、国内外七百以上の会社は今回の展示会に参加した。

生物科学技術の魅力を引き出す

菲鵬に訪ねた訪問者の往来が絶えない

  菲鵬生物がグローバルリーダー的な存在の体外診断試薬剤原料と技術解決案を提供するサプライヤーとしては、酵素免疫測定、化学発光、蛍光診断、分子診断および臨床生化学の重点産品と新産品を持ちして登場する。

CACLP展会 IVD企业齐聚青岛,菲鹏生物大放异彩


CACLP展会 IVD企业齐聚青岛,菲鹏生物大放异彩

  2002年に初開始のCACLP展示会は、今もう第十四回に迎え、今回の展示会が数千名のIVD専門家を引きつけた。展示会の初日、菲鵬生物のブースの前に来客が多くにぎやかで、同業者たちも足を止めて、我々のチームと一緒に検討と交流し、さらに協力ができる意向と空間を求める。

CACLP展会 IVD企业齐聚青岛,菲鹏生物大放异彩

菲鵬生物の産品は多くのお客様の肯定や称賛をいただき、我々の心を奮い立たせてくれた。革新を堅持し、品質を追求し、サービスを完備し、一流の産品をお客様に提供するのも菲鵬生物今後の頑張り続ける方向である。 


菲鵬の分会場会議会議には空いている席がなかった

談笑しながら検討していく

       午後15:00、菲鵬生物は会場の5号館に「国際の動きに追いかけ、製薬の考えでモノクローナル抗体を開発する−−菲鵬生物モノクローナル抗体開発交流会」を主題としての分会場会議が行い、現場では熱い雰囲気になり、全国の体外診断試薬業の仲間たちがここに集まり、菲鵬と共にモノクローナル抗体開発の国際動向および菲鵬生物のモノクローナル抗体の開発成果を検討する。

CACLP展会 IVD企业齐聚青岛,菲鹏生物大放异彩

  会議は菲鵬生物の執行常務取締役を務める范凌雲さんがはじめの発言に、菲鵬生物の発展履歴、国際診断抗体の発展動向および本社がモノクローナル抗体を開発する発展計画、また未来に産品の性能を向上し続け、開発投入を増加し、お客様により良い産品とサービスを提供したいと、その場にいるお客様は菲鵬生物に対してもっと詳しく知られ、菲鵬近年のモノクローナル抗体開発計画についても一定程度に了解した。

CACLP展会 IVD企业齐聚青岛,菲鹏生物大放异彩

       そして、菲鵬生物新技術センター開発本部長霍永庭さん、「国際の動きに追いかけ、製薬の考えでモノクローナル抗体を開発する−−菲鵬生物モノクローナル抗体開発交流会」を中心としての素晴らしい講演をした、菲鵬生物のモノクローナル抗体の開発の過程、考え、技術などを述べ、お客様は菲鵬生物の技術などに興味津々の様子で、また我々の近年モノクローナル抗体の開発に取れた成果にも認めている。

CACLP展会 IVD企业齐聚青岛,菲鹏生物大放异彩

 交流タームに、参加者が積極的に発言し、気軽で楽しい雰囲気、経験の交流と思想のぶつけ合いことで、会議は学術の盛宴のようになった。このにぎやかな雰囲気中に、菲鵬生物の分会場会議は円満に終わった。

CACLP展会 IVD企业齐聚青岛,菲鹏生物大放异彩


関連ニュース / News More